花のパレット

May 30, 2018 | FLOWER SHOP KAWASHIMA

IMG_2454re.jpgIMG_2455re.jpgIMG_2459re.jpgIMG_2452re.jpgIMG_2449re.jpg市場から入荷してきた花苗。

コンテナーに色別に整列してます。

とてもカラフル、まるで絵の具のパレットみたいですね!!

 

上から トウガラシ、ケイトウ、ニチニチソウ

 

カワシマの店先、ベビーカーで寝てしまったのは中国から一時帰国中のたけとよくん。

 

夏向けに髪がずいぶんとさっぱりしましたねー。

おじいちゃん、おとうさんともおんなじ頭になってしまいました。

 

次は3人並んだショットを狙いたいです!!

 

 

ねぎ坊主のその後

May 28, 2018 | FLOWER SHOP KAWASHIMA

IMG_2442re.jpgIMG_2439re.jpgIMG_2443re.jpgIMG_2446re.jpgサマードラマーというねぎ坊主をご紹介したのが先週の金曜日。

週明けて今日月曜日、朝出勤したらカワシマがちょっとワイワイした雰囲気。

もしや・・・

そうなんです!

ねぎ坊主が殻をやぶって現れました。

下のほうから裂け目が入って、坊主が出てくると

殻は帽子のように頭にちょこんとのっかってます。

なんとも愛きょうがありますね~可愛らしい!!

 

ねぎ坊主はこんなフレッシュできれいなグリーン色でした。

すこーし紫がかっていて、今後全体が紫色になっていくのか?引き続きフォローしてみたいと思います。

 

ねぎ坊主もいいのですが、私は抜け殻のほうにむしろ愛着を感じてしまいます。

たまねぎの皮のようですが、透けてうつる脈がとても美しいと思うのですが・・・。

 

 

 

地下鉄の花 

May 25, 2018 | FLOWER SHOP KAWASHIMA

chika1re.jpgchika4re.jpgIMG_0147re.JPG久しぶりに地下鉄改札に飾った花をご紹介します!

トップに笠のように刺してあるのは、

ヤツデです。

「八つ手」と書きます。

日本原産。

日本人には昔から馴染み深い植物で、庭や公園には必ずといっていいほど見かけます。

私の小さいころの記憶では庭に植わっているといったらこのヤツデとアオキでしょうか。

ヤツデの白い実とアオキの赤い実でよく遊んだものです。昭和の思い出・・・・

若い世代の方々は両方とも馴染みがないかもしれません。

 

ヤツデもこんな風に切花として生けるとなかなかオシャレですねー。

 

 

つぎに玉ねぎのようなものにご注目ください。

こちらは「アリウム サマードラマー」

アリウムの一種。

アリウムは簡単に言ってしまうとネギ坊主です。

 

サマードラマーはこんな感じでしっかりと袋に包まれた状態で入荷してきます。

(下の画像にある紫のが通常のアリウムです)

もう中身がキツくてパンパンな感じです。

 

実は、私たちも初見なんです!

 

上からめくれてくるのか?

下からはずれるのか?

はたまた袋が突如やぶけてしまうのか??

 

いったいネギ坊主はどうやって出現するんでしょうねー

 

みなさんも駅を通りがかったらちょっとのぞいてみてください。

東西線木場駅と東陽町駅に飾っています!!

 

 

紅梅寿司さん 4月

May 23, 2018 | FLOWER SHOP KAWASHIMA

koubai4-1.jpegkoubai4-2.jpegkoubai4-3.jpegkoubai4-4.jpeg紅梅寿司さん、4月にお届けした花です。

 

4月ではまだはしりのショウブやシャクヤクも見られます。

どちらも写真はまだつぼみなので見落としてしまうかもしれません。

 

最近、シャクヤクがとても人気です。

花束、アレンジのリクエストもありますが、ご自宅用にお求めのお客様も結構多くいらっしゃいます。

 

いつ開きますか?

開いたら何色ですか?

どんな感じになりますか?

 

よく質問されます。

気になりますよね・・・

 

ほんとうに固いつぼみはただ緑のボール状で何色なのかまったく想像つきません。

何十本か単位で入荷してくるなかに少し開いているものが大抵はいってて、そちらをお見せしながら色の説明をします。

 

咲き方はシャクヤクの種類でさまざまです。

おおまかな区別ですが和シャクヤク系は一重が多く、洋シャクヤクは花びらが幾重にもなっているものが多いです。

 

そしていちばん答えに窮してしまうのが

いつ開くか?です。

 

以前、某テレビ番組で有名なフラワーアーティストが、シャクヤクのベストな開き具合をイベントに合致させるのに苦労されていて、最後は部屋に暖房を入れて咲かせていました。

 

シャクヤク、いつ開くかってほんとうに読めなくて難しいのです。

 

開かないこともままあるのです。

開かせるコツは、つぼみを乾燥させないように霧吹きをまめにすること、

それから、つぼみから出るべとべとした蜜を拭き取ることです。

つまり中から花びらが開いてきやすいように、つぼみを固めないということですね!

 

開くまでどきどき感があるせいか、満開になるととてもうれしい、シャクヤクって魅力的ですね!

 

紅梅寿司さんからも、シャクヤク開きました!のご報告を受けました。

 

6月いっぱいいろんなシャクヤク、入荷してきます。

またこちらでも取り上げたいと思っています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

おめでとう、まあこちゃん♪

May 19, 2018 | FLOWER SHOP KAWASHIMA

最近おめでたい話題が多いですが、今日も引き続き。

♪♪ カワシマスタッフまあこちゃんです!!

31416919_364054164090339_9126366365068820480_o.jpgときどきブログでもご紹介していますが、ご主人さまは蔵前「ALLOY」というお店で金属を中心とした製作・デザインを展開していらっしゃいます。

お二人、入籍はしていましたが、この度晴れて挙式、披露宴の運びとなりました。

 

会場は自由学園明日館。

「むかし校舎として立てられた重要文化財の建物なんですよ!」

とまあこちゃんから聞いて調べてみたら・・

フランク・ロイド・ライト氏の設計なんですねー。

以前同氏設計のヨドコウ迎賓館という建物をを芦屋市で見学したことがありますが、大谷石をふんだんに使っていることでコンクリート建築にとても暖かみを加えている印象がありました。

自由学園も幾何学的な窓、壁の木枠にそして床・建物の礎の大谷石に、やはりとても素朴なものを感じます。

 

ネットでいろいろ調べると

「ライト氏は生涯、より豊かな人間性の保証に寄与する建築、つまり有機的建築を追求し続けた。

無機質になりがちな現代においてはより人間的な豊かさを提供してくれる建築思想である。」

と、ライト氏についての記事に書いてありました。

 

ふむふむ。

難しいことはさっぱりわかりませんが、

まあこちゃんのだんな様の作品、いくつか拝見しました、金属ですがどこかあたたかい感じがするのです。作るものには作り手のお人柄が出るのかな・・・と思ってました。

 

今回ライト氏の建築にあるものと同じものを発見してしまったような・・・。

 

専門的なことがわからなくてごめんなさい、でも無機質な金属からぬくもりのある、やさしい作品をこれからも産み出してくださいね!

 

もちろん。おふたりがあたたかい家庭を築いていくのは間違いないでしょう!!

 

 

31434031_364055867423502_600963965928865792_n.jpg31514554_364055700756852_2426781256680210432_n.jpg31445123_364054814090274_8818147460229627904_n.jpg31437504_364055904090165_869619354319192064_n.jpg31508565_364054734090282_7106338938184269824_o.jpg31530420_364058520756570_7114590317684195328_o.jpg手にしているブーケはまあこちゃんが大好きなナチュラル系素材がいっぱいのクラッチブーケ。

 

この時期ならではのきれいなシャクヤクはもちろん。

ドーゼンローズ(新郎が12本のバラを新婦に差し出して誓う)では、バラの代わりにシャクヤクを使いました。

 

ドレスはお友だちのお手製とのこと、まあこちゃんらしさ、ナチュラルな美しさをよくあらわしていてとてもステキです。

共布のリボンをブーケにも結びました。

 

ご両親への花束はまあこちゃんの手作りです!!

 

おめでとう!幸せになってね!!