造花のカワシマ

May 20, 2019 | FLOWER SHOP KAWASHIMA

IMG_3975re.JPGIMG_3977re.JPGIMG_3979re.JPGIMG_3982re.JPGIMG_3985re.JPGIMG_3986re.JPG知る人ぞ知る?知っている人は知っている?

フラワーショップカワシマの

社名は「有限会社川島造花」です。

 

今の社長の先代が昭和30年代に創業したときは生花ではなく、造花でした。

造花そのものを製造していました。

 

 

今ではすっかり見かけなくなりましたが、

開店やお葬儀などには「花輪」という造花を刺した大きな円盤状の装花を出すことがほとんどでしたし、

開店祝のスタンド花も造花だったりと、造花そのものの需要が非常に多い時代でした。

 

昭和から平成へ時代の流れとともに生花中心に移り変わっていきましたが、

カワシマではいまも前身としての造花をちゃんとのこしています。

1年に一度か二度ではありますが、花輪の注文が入ることも今でもあるんですよ!

 

造花そのものも昭和から平成へかけてそれはもう進化し続けております。

造花と呼ぶよりアーティフィシャルフラワーと呼んだほうがいいでしょうか、とてもおしゃれな雰囲気の花になってきています。

 

発色や風合いもとても自然なので、本物と見間違えてしまうほど。

今日ご紹介したアレンジは、事務所移転の御祝にとリクエスト頂いたものですが、画像ご覧になっていかがでしょうか?

 

生花のように枯れることもなく、ドライフラワーやプリザーブドフラワーのように色あせることもないので

美しい花を長く楽しんで頂けます。

 

カワシマではすっかり定番で人気商品ですが、

季節ごとに創作しているリースも造花中心なんですよ!

日ごろ生花中心ですが、ときどきは造花の話題をご紹介していきたいと思っていますので、よろしくお願いします!!