フレッシュ素材のクリスマス飾り

December 19, 2018 | FLOWER SHOP KAWASHIMA

wreathre.jpegswagre.jpgクリスマスはもうすぐそこですね!

みなさん準備は進んでいますか?

 

今日はフレッシュ(生の)素材で作ったクリスマス飾りをご紹介します。

 

リング状のリースは日本でももうすっかり定番の飾りものです。

 

もうひとつの方は「スワッグ」と呼びます。

こんな風にざっと束ねてリボンで結んだ壁飾り、近年よく見かけるようになりましたよね。

 

横長に作るときもあります。

 

もともとスワッグ=swag

は英語で飾りもの全般を指すそうです。

 

きっと欧米ではあまり形にとらわれず、祝祭のときには季節折々の花を枝葉と一緒に束ねて家や教会に飾っていたのでしょうね。

 

日本ではクリスマスが終わると速攻お正月飾りにチェンジしますが、海外ではそのまま年を越します。

 

だいぶ昔の話ですが、2月のロンドンでまだ飾り付けがそのままなのを見てびっくりした記憶があります。

春までそのままな国もあると聞いたことがあります。

 

片付けるのが面倒だから?

それとも余韻を楽しんでいるのでしょうか?