絵画と花器にあわせて

November 2, 2018 | FLOWER SHOP KAWASHIMA

DSC_0524re.jpgDSC_0523re.jpg昨日ご来店頂いたお客様、

「この花器に合う花をみつくろってください」

と花器を持参され、玄関の大きな絵画の前に飾るお花をお探しでした。

 

花器は黒の金属製で、

脚となる台座に細長い円錐型がはめこまれたつくりになっています。

とてもデザイン性が高くおしゃれな器でしたのでお尋ねしたところ、

作家さんである妹さんの作品ということでした。

 

絵画はアフフォンス・ミュシャと伺ったので、アールヌーボー調のベージュがかった薄オレンジやグリーンっぽい色合いをなんとなく頭の中で連想しながら、花材をチョイスしました。

 

花器の大きさから本数は多くいれられないので

花はプロテアとシンビジウム、デンファレの3種、

石化ヤナギで上方に動きをつけ

グリーンのルスカスで広がりを持たせました。

 

 

後日お客様から画像を頂きました。

 

絵画の美しさと花器のフォルムを引き立てるようにアレンジできたと思うのですが、

いかがでしょうか?

 

それにしても玄関とは思えないゆったりとしたスペースで、お宅にいらしたお客様はきっとその素敵な空間にびっくりなさるでしょうね!