秋の香り

October 11, 2017 | やよい

IMG_1776-001.JPGIMG_1754-001.JPGIMG_1757-001.JPGIMG_1759-001.JPGIMG_1758-001.JPGIMG_1768-001.JPGIMG_1765-001.JPGIMG_1771-001.JPGIMG_1775-001.JPG最近、金木犀のいい匂いがしますよね。

 

通りを歩いていて どこからともなく漂ってくるこの爽やかな香りに、

あ~今年ももうこの季節かぁ・・・って思いませんか?

 

秋の始まりですね。

 

カワシマの店先にも金木犀の鉢がひとつ置いてあって、決して大きな木ではないのですが、

とてもいい香りを放っています。

 

カワシマは都内のスペースも限られた生花店なので

郊外にある園芸センターのようにたくさん置いてあるわけではありませんが、

それでも秋が感じられる鉢は結構あるんですよ!

 

実がなったり、 葉が色づいたり。

 

 

小さいシロツメクサのような花が先っぽについているのは

「アルテルナンテラ」

秋が進んで、日が短くなると、花をつけ、葉っぱも赤や黄色に色が変わってきます。

 

茎の伸ばし方もどことなく風情がありますね。

「千日紅」とも呼ばれます。

ここ何年かでいろんな種類が出回るようになりました。

 

 

次の紫と白の粒状の小さな木。

こちらは 「紫式部」 。

実の清楚な美しさを 平安時代のあの紫式部に例えたとか・・・

 

 

赤いころんとしたかわいらしい実は

「チェッカーベリー」

アセビのような白い花のあとに実をつけます。

花の少なくなる秋冬の花壇で赤い実をつけるチェッカーベリーはとても重宝します。

 

 

最後は、トウガラシ

「ブラックソード」

トウガラシも非常に苗の種類が多いのですが、

こちらは葉も実もまっ黒。

なかなか重厚感が漂うひと鉢です。

 

秋の鉢、まだまだあります。

次の紅葉シリーズもお楽しみに!!